Tuesday, 20 October 2009

vol.293 【micks push】瞬きもせず 紡木たく


舞台は山口県。
田舎で平凡な町の高校生の物語。
せりふも方言で書かれていて、その土地の空気まで伝わってくる。
ごく当たり前の日常。
でもどうして、こんなにまで胸に響くのか。
時代は違えど、そこにあるのは誰もが持ったことのある、懐かしく切ない気持ち。
今となっては、そのかけがえのなさがわかるから、涙が止まらなくなるのだ。


戻ってこないからこそキラキラしてみえるあの頃。
でも、苦しかった。
そしてその苦しさもまるごと、思い出させてくれる作品です。
余談
松任谷由美のアルバムDawn Purpleの中収録されている9月の蟬しぐれ
紡木ワールドにぴったりの名曲。ユーミンと世界観が似ている!




2 comments:

hammo said...

私のブログにコメントをどうもありがとうございました!
瞬きもせず、懐かしいです~。
わたしもあのピュアさにはまった一人です。
ミュージシャンでいらっしゃるんですね♪
いろんなレビュー参考にさせてもらいますね。

micks said...

hammoさん

コメントありがとうございます!!!
なつかしいですよねぇ〜
昔姉が読んでて
うるおぼえだったのですが、
最近読んだら号泣してしまいました。爆

ミュージシャンと呼べるほどのものじゃありませんよ(笑)
hammoさんはあんな素晴らしいとこに
お住まいで憧れです!!
これからもヨロシクお願いします。