Sunday, 9 November 2014

vol.720 【コラム】羽生 結弦を止める人はいなかったのか

競技開始前の直前練習で、日本の羽生選手と中国のエン・カン選手がぶつかった。
昨日のフィギュアスケート中国GPでの出来事だ。
もちろんその状況は、テレビの生中継で全世界へ伝えられ、
すぐ立って自力でリンクサイドへ移動したエン・カン選手とは対照的に、
羽生選手はしばらく冷たい氷の上に上向きに倒れたまま動けないでいた。

なかなかこない救護班。
直前練習だからと、スタンバイしていなかったのか、

生中継の画面には、緊迫した空気が流れていた。

そして、
「救護がやっと来ました。」
アナウンサーの安堵の声と共に映し出された彼らの手には担架すらない。
二人とも脳震盪なのは明らか。
果たして、なぜプロが集まる場ですぐに「救護のプロ」が駆けつけなかったのか。
(小声:申し訳ないけど、現場が日本だったらどうだったか、まで考えてしまった。)

そして、さらにびっくりすることにその後、エン・カン選手も羽生選手も、
棄権せず、出場することとなった。

(…嘘でしょ…)
テレビの前で私は固まった。

少なくともフィギュアよりは色々知っているサッカーの世界では、
そのまま救急車で病院に直行して即精密検査のレベルだからだ。

数分前に脳震盪を起こしてしかも流血までしている選手が、
普通でも脳に影響を与える動きをするなんて!

「感動する」とか、「よくがんばった!」の前に
私はすでに引いていて、羽生選手の演技も見ていられなかった。
それに、解説席にいた松岡修造さんは、自分の立場がなかったら真っ先に止めに行っていただろう。
(元プロアスリートの彼は、がんばりは賞賛するも「棄権してほしいですねこれは。」とはっきり言っていた。)

羽生選手とエン・カン選手の出場を止めるプロフェッショナルはいなかったのか。
それとも、実は出ても差し支えない程度だったのか。
真相はわからないけれど。

サッカーとは違う個人戦の中で、選手の想いは相当強いものがあるとしても、
果たしてそこに冷静な判断が出来る「プロフェッショナル」がいたのかどうか、
が一番気になる。
選手を責めるのは、まったくお門違いだと思う。

とにかく、羽生選手、エンカン選手が今後何事もありませんように。
それを祈るのみだ。

Saturday, 1 November 2014

vol.719 東京ブルターニュ

曇っていて、ひんやり寒いけれど、
湿った空気が心地いい土曜日。
東京在住のフランス人の友達が

「今日の東京はブルターニュみたいだ。」

とメールをくれたのを思い出した。

今日もそんな日。
嫌いじゃない。

Friday, 31 October 2014

vol.718 Halloween weekend

Halloween Weekendですな。
しかも、日本は三連休!
都内でも、各所でパーティーが開催されるね。


特に渋谷に行く方は注意。



うぉ、怖い!
でも大好き、こういうの!

Wednesday, 29 October 2014

vol.717 MUD



舞台はミシシッピ川のほとりの田舎町。
少年エリスとネックボーンは
川の中洲の森にひっかかったボートに隠れ住む
マッド(マシュー・マコノヒー)と知り合う。

マッドは逃亡者で、少年たちはマッドの秘密を共有するうち、
心を通わせ、ある計画に協力するようになる-

名作「スタンド・バイ・ミー」を彷彿とする空気感。
少年たちは、マッドとの出来事を、この先誰かに話すのだろうか。
いや、話さないだろうな。
少年でいれた最後の夏の出来事として
一生封印するんだろう。


国は違えど、遠い夏を思い出すな、なんだか。



Tuesday, 21 October 2014

vol.716 ブログって大切

数々のSNSが存在することもあり、ブログが衰退してるなんて言われている今。
でもさー、本物の「ブログ」をやっている人のは本当いいよね。
言葉が気持ちいいっていうか、それこそ「急いでない」ブログの良さ、というか。
ゆっくりゆったり読める。
そんな人はひとにぎりなんだけど。

私ももっとここを大切に使っていきたいなーと思いつつ、
日々忙殺、でおろそかに。(白目)

毎回テーマもバラバラなこのブログだけど
このバラバラなまんま、しっかり更新していけたらな、と。
なんとなく、続けてきたきたものはしっかり稼働させて行きたいと思う今日このごろ。
こんなこと思うのも秋だからかしら。

とかいって明日から全然更新しないんでしょ笑




写真は昨日の夜聴いてた TAKE6のアルバム 「join the band」
約20年前のアルバム・・・。
中学生かそこらでこのアルバムを静岡の田舎で聴いてたとか我ながら関心。
今よりも情報がない中、
ものすごーくアンテナを高く張ってたんだろうなー


Wednesday, 15 October 2014

Tuesday, 19 August 2014

vol.714 きつねの盆踊り



静岡で過ごす夏はノスタルジック。
神社の境内での盆踊り、浴衣で踊る地元の人たちは
不思議ときつねのお面を付けているように見えた。
夜中12時頃まで、大音量で踊りまくる。
なんかすごく日本民族を感じるというか。
こんな21世紀でよかった、というか。

きっとこの先、どこの国の人に生まれ変わっても、
変わらぬ日本の情景を目にした時、
懐かしさを止められないんだろうなぁ。

そんなことを思いながら眺めてた提灯の灯り。

Wednesday, 23 July 2014

vol.713 my fav girls 1: Meryl Davis

Meryl Davis  Ice Skater(Ice Dancer)

ソチオリンピック アイスダンスのゴールドメダリスト。
世界中で「リアルディズニープリンセス」と騒がれた。
彼女はとにかく、一緒にいる男性を魅力的に魅せるパワーが半端ない。
こんなに品があって、チャーミングな女性は見たことないな。

アメリカのダンス番組 Dancing with the starでも
悪童と呼ばれていたプロダンサーMaksim Chmerkovskiyを見事手懐けて?優勝。
そして、Merylと一緒に苦楽を共にしたMaksはとてもいい男に変貌を遂げたのでした♡
(はっきり言ってそれまでのMaksは、喧嘩っぱやくて、とてもチャラチャラしていた)

Dancing with the star episode:18の中でも私がベストダンスだったと思うのは
二人のFoxtrot!!

まさにBreathtaking♡

審査員に「something magical happening between you two」と言わしめた二人ですが、
現在は友達関係を継続中。
同じくプロダンサーでMaksの弟Valentinは、
「Maksは今までの他のどの女性よりもMerylを愛している。」とコメントしていたけれど…。

相手をいい男に変えてしまう不思議なパワーを持つ女性、
Meryl、大大大好きです♡



ship them so hard!

Monday, 30 June 2014

vol.712 サッカーは甘美で残酷

最後の最後で、1-0からオランダにまさかの逆転を許し、敗退したメキシコ。
その状況を見守る、メキシコサポーター。
残酷だけど、美しい一瞬。

Wednesday, 25 June 2014

vol. 711 終わった

不完全燃焼な今回のワールドカップ。
ギリシャがぎりぎりコートジボワールに勝利するという
追い風もありつつ、コロンビアは強かった。

それにしても南米勢強すぎでしょ。
土地柄なのかなんなのか、スペインやイングランドに続き、イタリアまでGL突破できず。
北半球のチームにはやりにくい大会だったのかな。

4年後はロシア大会です。

写真は希望みなぎる第一戦目 vsコートジボワール。
豊洲のMAGIC BEACHにて、PV観戦。
やはり、この試合がすべてだったわ…






Tuesday, 3 June 2014

vol.710 taylor in RED

なんとも評判の高い、Taylor SwiftのRED TOUR♡
突然M氏の誘いがありGO!

これ、ちらっとyoutubeで見かけたLIVE in US まんまやん。
ドレスコードはREDで、見に来てるのはほぼ女子!
それも小学生から大人まで。
とにかくガールズパワーが炸裂!

一言。
やっぱり本物はスゴイ 笑





Thursday, 15 May 2014

vol.709 sunglasses

買ってからなぜか一度もかけてないサングラスたち…
今年は使うぞ!

Sunday, 20 April 2014

vol.708 超多忙エイプリル

とにかく仕事がぱんぱんで
初めてこれはこなせないかもしれない…と感じた4月。
運よく時期がずれた案件もあり、なんとか乗り越えられた。
まだまだゆっくりはできなさそうだけど山は越えました。
私はゆるゆる大企業で働いてた時期もあるけど、
こういう日々プレッシャーに立ち向かってる時期も必要だと本当に感じる。
努力は運を引き寄せるからね。
運だけじゃ人は成長できません!
いつか落ち着いた時には、
またゆっくりイギリスの親友のとこにもゆるゆる行きたいし、
マラウイに赴任した幼馴染みとどこかで落ち合ってバケーションにも行きたい☺
ポルトガル、スペインなどなど。
アフリカは旅人レベルが高いからね…
写真は朝イギリスから届いてたもの。
確かにスイスのワインって見たことない🍷
あっスイスもいいな~❤
夢広がる(*_*)

Monday, 24 March 2014

vol.707 朝採れわかめ


週末は静岡にて。
さすが駿河湾の近く。
朝採れわかめを、父の知り合いが持ってきてくれました。

しかもこんなに大量なわかめは初めて!
根っこから何株(単位あってる?あったことか。

父はそれを茹でて細かく切って小分けにして冷凍してました。
もはや主婦。爆


昔はあんまり意識していなかったけど
海の近くだと、「今朝採れた」とかが当たり前なんだよね。

ちなみにこの日、桜えび&しらす漁の解禁日。
でも、結局風が少し強かったからか出漁断念、だったとか。

Thursday, 6 March 2014

vol.706 いちばんきれいないろってなんだろう 2014 SOCHI

四年前、バンクーバーオリンピックの後、私はこんなコラムを書いていた。
そして四年後、ソチオリンピックで真央ちゃんの演技を見た後、
また同じ歌が頭をぐるぐる回っていた。
Mr,childrenのGiftだ。

四年の月日は長い。
あの後東日本大震災があって、日本はすべてが変わってしまったし、
個人レベルのプライベートでも相当な変化がある長さ。
彼女も色々あった。
そんな時の流れを背負いながら、
23歳になった彼女は、四年前とは全く違う、誰も予想していなかった結果になった。
いや、私が言っているのは「いい意味で」。
もしかしたら、金メダルを取るよりもすごい体験をしたのでは、と。
それはきっと彼女の中に「いちばんきれいないろ」のメダルを見たから。
「いちばんきれいないろ」がわかったから。
こんな結末もあるのね。

完璧なフリーを踊りきった後の彼女の泣き顔には、いろんな思いが表れていて、
マスコミからのプレッシャー、母親のこと、ほっとした気持ち、SPの悔しさ、
いろんなものが爆発している気がして、何度見ても泣ける。
そして、世界中の皆がその後数日間ショックを受けていた。
そのくらい衝撃的だった。
今回も泣いたなぁ(笑)

今回も張っておこう。




ありがとう!

Saturday, 8 February 2014

Tuesday, 4 February 2014

vol.704 前世の話…

友達の知り合いに前世退行出来る人がいて興味本位でやってもらったんだけど、
おぼろげながらも何かすごかったから書いておく 笑

昔、こんな夢 を見たことがあったんだけど、
退行催眠みたいのは始めて…

とりあえず、意識はある状態で相手の声も周りの音も聴こえる。
目だけが閉じてるみたいな。
開けようと思えば、開けられるような、でも開かないと言われれば開かないような。
ちょっと息苦しい状態。
ここでまず怖くなった!笑
少し目を開けてみる。

(ほんとに見えるのかなこれ汗)

と、思いつつ、願望に近いイメージを想像してみる。←

「お母さんのお腹の中にいる時が見える?」
と言われて、くぐもった周りの人の声が聞こえる気がした。
誰かが母のお腹を外側からなでているのもわかった。。
うわ、やばいなにこれ…と思っているうちに、
ついに「前世」に到達。(したらしい)


意識の中にあるドアを開けると、光の中にはっきり見えてくるらしいけど、
ん…何も見えない…ぞ、と思ったとき、
ちょっと暗い石の教会の中にいたよね。
だけどそれ以上はわからず。
でも外に出た時の景色はわかって、石畳じゃない土の道に沿って
左側に教会があって向こうに行くにつれ、坂になっている。
道は土な気がする。
北イタリアだな、これは。また、イタリアか。

私の履いてる靴は茶色。
髪は深いブラウンでかなりロング。
名前は思い出せない。
どうやら人生の大事なシーンが見えるらしいんだけど、
なんで道端にいるんだろうって感じだった。

と思っていたら、
馬車が通る道の脇で、誰かと話しているみたい。
青い服を着た青年。顔もはっきり。(なんではっきりかわからないけど、見たこともない人)
その次のシーンは街の角を曲がる時、下を向いて立ちすくしている彼を振り返って見た自分。
なんか知らないけどすごーく哀しくて勝手に溢れる涙。

次はその人生の最期。

おばあさんになっていて、明るい庭に面した部屋のベッドに寝てる。
緑色の庭が見える、温室?みたいなところ。
光が射す明るい部屋。
女性のお手伝いさんがいる。

結婚して子供はいないけれど、
旦那さんが亡くなったあともひとりでゆっくりいい暮らしをしてたみたい。
お見合い結婚とかそういう感じだったのかな。
でも、最期の瞬間、あの青い服の青年のことを思い出してるっぽかった。

あの青年は結婚出来なかった恋人だったみたい…

ということであの大事な場面というのは、別れの時だったみたいなのね。
あれ以来、二度と会えたなかったみたい。
しかもね、今の私の好きなタイプがまんまその青い服の青年なんだけど。(驚
好みは、ここから来てたのかしら…?
それともタイプを想像しただけなのか 爆

その前世からのメッセージは
「必ず、好きな人と結婚してね。」ということ。
なんてたってそのおばあさんに言われたもん。

という体験でした。
しかし、この催眠やると超ぐったり。

この感じだと、私でも誰かに前世見せてあげられそうだな。
でも結構怖かったわ …汗




Monday, 27 January 2014

vol.703 家の近くにルルドの洞窟


発見してしまいました。
家から少し歩いたところのカテドラルの一角に。
どうやらここにカテドラルを作った宣教師の方が、
フランスのルルドの洞窟とまったく同じものを山の壁に作ったんだとか。

山…といっても大都会東京のど真ん中なので、今はこの一角しか残ってないのが不思議。
こんなところがあったのかとかなりびっくり。

クリスチャンではないけど、
パワースポットをひとつ、家の近所に見つけた気がします。
またいこっと♡